「中学生の英語力があれば英語は話せるようになる!」
とかいうのを聞いたことがあるけれど、
これって本当かな、って思ってしまう。
本当ならまだチャンスはあるかも…

酒井一郎さんの「シンプル・イングリッシュ」
効果はどうなの?

本当にわずか81文と応用文121センテンスだけで、
英語が話せるようになってしまうっていっているのは、う~んって感じ。

2chとかでの評価はどう?クレームはないのかなぁ。気になるね。

暴露情報・評価あり

基本の81文と、その応用文121センテンスを
掛け算の九九のように覚えるだけで、
英語が十分に話せるようになるんだってね。

「仕事の都合でどうしても英会話が必要になり
あれこれと調べていたところこの教材に出会うことが出来ました。
本当にこれで大丈夫なんですか?
というくらいシンプルで、これなら私にも出来ると確信を持てました。」っていってる購入者もいるね。

酒井一郎さんの「シンプル・イングリッシュ」

酒井一郎先生はすでに著書19冊、そして
実部42万部の大ベストセラーも出していて、
元英検面接委員としても活躍していたんだってね。

これってそんな手軽に成果出るの?!
うまくいくといいよねー